要らないエネルギーをデトックスすると、イライラが減る!?

2歳と6歳の子供がいると

片付けた先から部屋が散らかっていくなんて

日常茶飯事なのですが

 

部屋が散らかってたり

必要のないものがスペースを埋めてたりすると

 

訳もなくイライラしたり

やる気がなくなってぐで〜っとなったり

してしまうんですよね。

 

 

だからと言って

モデルハウスのように

シンプルかつ魅力的なお部屋には

できておりませんが

 

気持ち悪くならない程度にはしようと

どうにかこうにか片付けている訳です。

 

 

必要のない物が

あっちゃこっちゃに散らばってると

そのとっ散らかったエネルギーに感化されて

 

エネルギー消費量が知らず知らずに

上がってしまって疲れたり

 

そのせいでイライラして

要らないエネルギーが体の中に溜まったりして

 

何もしてないハズなのになぜかぐったりな私

が出来上がっているのです。

 

 

 

ところがですね

このイライラぐったりの頻度が

最近ググッと下がっていることに

はたと気がつきまして

 

何をしたんだ私!?と考えたところ思い当たったのが

エネルギーデトックスワークだったのですよ。

 

 

エネルギーデトックスワーク協会のFAQによると

ワークで抜く『生体エネルギー』には

情念やネガティブな感情エネルギーなどが入り交じってるのだそうです。

 

エネルギーデトックスワーク協会では、「エネルギーデトックスワークで体内から抜くエネルギー」を『生体エネルギー』と呼んでいます。

エネルギーデトックスワーク協会の定義する『生体エネルギー』とは、
「人間の生命エネルギー(低次エネルギー)と、情念やネガティブな感情エネルギーなどが入り交じったもの」の総称です。

例えば、画面から映像を見ただけであればそれはただの『情報』ですが、そこに、本人の「嫌なものを見てしまった」という感情が交じった上で体内に取り込むと、
『生体エネルギー』となります。

引用:エネルギーデトックスワーク協会 FAQ

 

と言うことは

エネルギーデトックスワークをする事で

 

常日頃から周りの目やら

人の感情やら何やらカニやら気になって

 

悶々と考えを巡らしてしまう私の中には

相当にいらないエネルギーが溜まってるであろう事は

想像に難くないわけで

 

それをデトックスするという事は

必要な新しいエネルギーが入ってくるスペースが

空くって事なんですよね。

 

 

って事はですよ。

やる前と比べると

毎日新鮮なエネルギーをたくさん入れやすくなってる

保ちやすくなってるって事ですよね!(強気だな

 

そして更に

それを毎日やる事で

新鮮でいいエネルギーで満たされやすく

不要なエネルギーから

必要なエネルギーへの

循環までしやすくなるってぇ〜事なんじゃないかと。

 

 

単純に考えて

素敵すぎです。大好きです。

 

 

イライラはするんです。

するんですよ、今でも普通に。

 

ただ、その頻度が確実に減ったんです。

 

 

そして

イライラの後の立ち直り、ご機嫌な状態に戻る速さが

半端なく早いんです。

 

 

イライラ落ち込むぐったりの負のループが

1番疲れてしんどかった私にとっては

本当にありがたい技術を知ることができたと

心底思っております。

 

 

『生体エネルギー』を溜めやすいであろう

エンパス・HSP・スターチルドレンの方々には

とてもとても

ぴったりなワークなんではなかろうかと

思わずにはいられません。

 

これからも

セルフワークに励みつつ

気づいた事はつらつらと書いていきたいと思います。

 

 

ワークのやり方が気になる方は

こちらからご覧頂けます。

 

エネルギーデトックスワーク協会バナー

       
   

関連記事

  1. エネルギーデトックスワークのセッションを受けてきました!やっと…

  2. 意識のエネルギーは世界を変える?!エネルギーの傾向と4つのY

  3. エネルギーデトックスワークのセッションを受けて、気づいたことアレコレ

  4. 記念すべき1回目のエネルギーデトックスワークセミナーに参加してきました…

最近の記事 おすすめ記事

LINE 公式アカウント

木の花ゆあんの公式LINEでは
 
エンパス、HSP、スピリチュアル
 
そしてエネルギーワークに関連したブログの更新情報や
 
木の花ゆあんの最新情報などがゆるっと不定期で届きます。
 
満月と新月のエネルギー情報は毎月お届け中^^
 
LINEでお友達
 
ID検索は、@konohana-yuan
 
ご質問やお問い合わせもこちらからお気軽にどうぞ